• ホーム
  • ミカルディスはアンジオテンシン受容体拮抗薬

ミカルディスはアンジオテンシン受容体拮抗薬

薬を飲んでいる女性

ミカルディスは近年市場に登場してきた高血圧治療薬の一つであり、登場してから徐々に市場を拡大してきている状況があります。
降圧作用を示すことによって高血圧患者の血圧管理に使用するというのがその基本的な使用目的であり、古くから使用されているノルバスクやアダラートのようなカルシウム拮抗薬などと並んで広く使用されるようになってきています。
ミカルディスが降圧作用を示すメカニズムはカルシウム拮抗薬を代表とする古くから使用されている医薬品とは異なります。

人が持っている血圧調節系の一つであるレニンーアンジオテンシン系においてアンジオテンシンが結合することにより昇圧作用を示すことが知られているアンジオテンシン受容体に対して拮抗作用を示すというのがミカルディスの特徴です。
アンジオテンシンによる昇圧作用を阻害することができるため、血圧の低下をもたらすことができるというのが降圧作用を示すメカニズムとなっています。
こういったメカニズムによって降圧作用を示すアンジオテンシン受容体拮抗薬は先発品を含めていくつかが知られており、それぞれが多くの医療機関で使用されるようになっています。
しかし、ミカルディスはその中でも特徴的な作用があるものとして数多くの比較臨床試験が行われてきており、他のアンジオテンシン受容体拮抗薬に比べても有効性が高い場合が多々あることが示されてきています。
特に生活習慣病としての高血圧治療において、糖尿病の合併を予防する効果や、糖尿病患者に対する投与という点において有効性が高いことが知られるようになっており、徐々にミカルディスを使用する医療機関が増えてきているのが現状です。
こういった特徴によってミカルディスは着々と市場を広げてきています。