• ホーム
  • ミカルディスは降圧薬の中でも優れている

ミカルディスは降圧薬の中でも優れている

血圧測定器

高血圧治療の歴史は古く、ノルバスクなどのカルシウム拮抗薬を代表として比較的安全に長期使用ができる医薬品が開発され、治療現場においてはルーチンのようにして使用されるようになっています。
一方で、高血圧患者が増加していることを受けて近年になっても新しい医薬品の開発が進められてきており、従来の医薬品とは作用メカニズムの異なるものが多数開発されました。

その中でも有用性が広く認識されてきたのがアンジオテンシン2受容体拮抗薬であり、このカテゴリに入る医薬品も高血圧治療において活躍するようになっています。
ミカルディスはその中ではやや遅れて市場に登場したものの、他のアンジオテンシン2受容体拮抗薬に比べても優れた降圧薬として注目をあびるようになってきています。
アンジオテンシン2受容体拮抗薬は腎臓に対する保護作用があることから糖尿病患者の降圧治療において第一選択となる降圧薬の一つとして重要な位置を占めています。

今ではミカルディスのジェネリック医薬品も出ているほどの人気の高さを誇りますが、そのミカルディスの有用な点としてはその持続性があげられ、一日に一回の投与で血圧のコントロールをすることができることは大きなメリットとして医療現場で重宝されるポイントとなっています。
それに加えて、他のアンジオテンシン2受容体拮抗薬にはない作用が認められるようになってきたことがその優れている点です。
PPARγ活性化作用を有しているというのがその特徴であり、アディポネクチンの分泌量を上昇させることを経て高血圧によって負担がかかってしまう心臓や腎臓の保護作用を示すと共に、糖尿病予防にも効果があるということが判明してきました。
また、代謝経路が肝代謝を基本としているため、腎臓に対する負担が小さいという特徴があり、腎臓に疾患のある人にとって優れている治療薬として活用されるようになってきています。