公開履歴
電子血圧測定器

20代や30代の頃は、多少不摂生な生活をしていても、体に影響が起きることは少ないですが、40代になると、代謝機能が衰え、血液の流れが悪くなってしまうので、血圧が高くなる人が増えるようになります。
特に喫煙の習慣があったり、暴飲暴食、睡眠不足、ストレスが多いなどの生活をしていると、血液がドロドロになり、流れにくくなりますから、体の中で少しずつ動脈硬化が進行してしまいます。
高血圧になっても、最初のうちはほとんど自覚症状がありませんが、いきなり脳出血を起こしたり、心筋梗塞で倒れたりするので、そのまま意識が戻らず、帰らぬ人になってしまう人も多くいます。
残された家族は非常に辛い思いをしますから、健康で長生きしたい方は、ミカルディスのような降圧剤で血圧を下げるようにしましょう。

ミカルディスは、アンジオテンシンII受容体拮抗薬の一種で、アンジオテンシンIIという、血圧を上げる原因である物質の働きを抑える効果があるので、短時間で血圧が下げることが出来ます。
高血圧だけでなく、心臓病や腎臓病、脳疾患などの病気の予防にも効果があるので、健康診断で血圧が高いことがわかったら、服用するようにしてください。
ミカルディスの副作用は主にめまいや頭痛になりますが、飲んでいるうちに慣れていくことがほとんどです。
重い副作用はありませんが、薬が効きすぎると、血圧が下がりすぎて、めまいや立ちくらみがひどくなったり、一時的に失神することもあるので、高齢の方は特に注意が必要です。
中には肝臓が悪くなる人もいるので、定期的に肝機能の検査を受けるようにしてください。
また、ごくまれにショック、アナフィラキシー、呼吸困難などの症状が起きる場合があるので、服用後に具合が悪くなったら、すぐに病院へ行くようにしましょう。